Facebookの直接取引はeBay輸出を上回る!?投稿方法/友達増加方法を例文と画像付きで解説

Facebook取引はeBay以上の稼ぎが出ることを説明する画像。 物販・転売
中野
上進くん、前回はeBay輸出をする際に直接取引はFacebookを用いることが大きく稼げる要因となる話をさせて頂きました。

その後、直接取引はやって頂けましたでしょうか?

eBay輸出における直接取引の方法を教える画像。

eBay輸出はFBとPayPalが直接取引の秘訣!?メール画像付き例文と収益UP3つの理由!

高 上進
はい!直接取引2件程完了しました!

やはりそのお客さんとはeBay輸出の過去のやり取りの実績がある為、すんなりと決済までできました!ありがとうございます!

中野
すぐ行動に移されるところ、さすがです。

その顧客とはもうFacebookにおいて友達になりましたか?

高 上進
いや、まだFacebook上においては友達になれておりません。まだまだFacebookを通しての販売やメッセージのやり取りの全貌がイメージできづらく、参入できておりません。
中野
Facebookに取り組まれていないのは非常にもったいないです。今後も取り組まなければ、多くの利益や稼ぎの機会を上進くんは失ってしまうことになります。

本記事ではFecebook取引のアカウントにまつわる事と投稿の流れ、そして結びに至る顧客とのメッセージのやり取りなど包み隠さずお伝えします。

Facebook取引のスタート準備として、アカウント情報はできる限りeBayアカウントに寄せ、友達は顧客の情報を基に増やしていく

1-1.Facebookのアカウント情報はeBayアカウントの情報に寄せる必要がある。

中野
まず第一にアカウント情報はeBayアカウントに似せる必要があります。
高 上進
似せるとはどう言うことでしょうか?
中野
似せるとは、これから申請をする友達(見込み客)に対して、

『私は以前あなたがeBayにて取引を行った者』であるということを認識させる必要があります。

高 上進
なるほどですね。

確かに全く知らない・情報がない人から友達申請が来たら不信感しかないですよね。

中野
その通りです。

eBayアカウントに寄せるとはどの部分のことを表すか、それはプロフィール画像とプロフィール文になります。

プロフィール画像はeBayと同じものを使用し、プロフィール文はeBayで扱っている商材を集めるのが趣味であるように記載しましょう。

高 上進
プロフィール文は注意しなくてはならないですね。販売目的ではなく、あくまで趣味を紹介したい、みんなにわかってもらいたいという構成にて記載します。
中野
素晴らしい!その通りです!

またFacebookアカウントはこの直接販売用に新しく作りましょう!

高 上進
かしこまりました!

早速作ってみます!

1-2.Facebookの友達の増やし方は顧客の名前とメールアドレスが鍵となります。

中野
上進くん、アカウントは無事に作ることはできましたか?
高 上進
はい。作ることができました!
中野
それでは、次はFacebookにおける友達の増やし方をお伝えします。その鍵となるのは前記事で取得した顧客の名前とメールアドレスが鍵となります。

顧客の名前とメールアドレスの取得方法を詳細に記載している記事はこちらになります。

中野
申請の仕方は非常に簡単です。

まず最初にログインした状態のFacebookトップページを開いてください。

赤枠内にPayPalで取得した名前とメールアドレスのどちらかをコピーペーストで検索します。

Facebook取引においての顧客を検索する場所

Facebook 検索場所

検索の順番はメールアドレス→名前という順にてお願いします。

なぜなら、メールアドレスはその人自身が所有しているモノなので検索にヒットすれば、それがその人自身のアカウントとなります。

Facebookにメールアドレスを登録していない人も多くいます。その為に名前検索をする必要があります。

ただ、日本と同じく同姓同名の方が世界中にいます。なので、検索をしても複数人にヒットする可能性があります。

高 上進
その場合はどのように絞り込んだら良いのでしょうか?
中野
その場合は下記画像のように相手の在住先、出身地を元に探っていきましょう。

Facebookにおいて顧客の居住地がわかる画像。

顧客の出身が分かる画像。

これはPayPalの相手の情報、発送先を参考にしましょう。

連続で友達申請を送ると、アカウントが停止される可能性があるので一日多くても15件程までにしましょう。。

販売したい商品のFaceook投稿の流れを例文と画像付きにて大公開!

2-1. Facebook投稿する際は必ずフレンドリーに、営業感を出すのは絶対にNG!

中野
それでが、実際にFacebookにおいて販売したい商品の投稿をしてみましょう!

上進くん、Facebookにおける鉄則は何ですか?

高 上進
決して営業感を出さない、あくまでも友達に趣味を共有するということですよね。
中野
その通りです。それではやっていきまよう。

文の構成は、①挨拶 → ②商品の発売日 → ③商品の魅力説明(サイズ、精巧さ、性能)

→ ④自分自身がその製品を使っての感想 → ⑤所有の共有を促す

といった形になります。

これらを販売目的ではなく、あくまでも趣味の共有といった内容で投稿しなければなりません。

2-2. 実際のFacebook投稿を画像と例文で大公開!友達感覚の投稿でお客の心を掴む!

高 上進
文の構成は把握することができました。ですが、趣味の共有という部分であまり僕自身イメージを持つことができておりません。
中野
そうですよね。それでは、実際に私が過去行ったFacebook投稿の例文を添付しますので、参考にしてみて下さい。
中野
Facebook投稿の例文を示しています。

Facebook投稿の例文

訳 こんにちは!!!

私は今日も非常に元気です!!!!

…10月4日、(商品名)が日本でシリーズとして登場しました。

そのデザインはとてもクールでダイナミズムがあります。

先月発売の(同シリーズのキャラクター①)や(同シリーズのキャラクター②)と(今回紹介したい商品)を組み合わせれば、それぞれの台座が一つになります!!!!

私はコレクターなのでこれを見逃すことはできません!

もちろん、私はそれを見ました。 私はそのデザインが好きです。結果すぐに集めました

もしあなたも興味をお持ちであるならば、私に連絡してください。

中野
以上になります。どうですか?この例文を見てイメージは湧きましたか?
高 上進
そうですね!非常に文に躍動感があり、本当に一コレクターとしてその商品に対して興奮している様子を伺うことができました!
中野
良いですね!もっと文尾に☆マークや♪マークなどの記号を付けても良いかと思います。

また、画像も実際の商品画像(机の上に商品箱を乗せているような画像)を1枚目に置き、その後はイメージ画像などを補足していくような形にしましょう。

説明画像と例文付き!Facebook取引の友達へのなり方とeBay以上の稼ぎに至る要因のリピートに至るまでのステップアップ方法を実際のメッセージから解説!

3-1. Facebook取引の第一歩!顧客との友達申請方法を実際の画像付きにて説明

中野
それでは前章にて投稿後、興味付けができた見込み客に対しての友達申請方法を説明します。

基になるのは、あなたの投稿に対してのコメント、もしくはいいね!になります。それを表すのが投稿下部の下記図になります。

画像の赤文字の名前をクリックして下さい。

画面上部にイイね!を推してくれた人を表す画像があります。

投稿に対してイイね!を推してくれた人の名前を表す画像。

するといいね!をしてくれた人達のリストが下記のように一覧で表示されます。

上赤訳は既に友達、下赤枠はまだ友達になれていないことを示す画像になります。

友達申請を行う箇所を示す画像。

赤枠内『メッセージ』となっているのは、既に友達の人であり、『友達になる』がまだ友達になっていない人を表します。この『友達になる』を選択すると相手に申請が届きます。

高 上進
かしこまりました。コメントから友達申請する場合はどうすれば良いのでしょうか?
中野
コメントを基に申請する場合も先ほどのいいね!と同じです。名前を選択し、次画面にて『友達になる』を選択しましょう。

コメントを残した人の名前をクリックすることで友達申請ができます。

コメントを残した人に友達申請する箇所。

もちろん、いいね!をしてくれたよりかはコメントをしてくれた人の方が熱量は高いため成約率は必然的に上がります。

3-2.注文までのステップメールの例文を公開

中野
次に、見込み客と友達になった後は相手の出身国や日常的な会話、eBayで何か販売したことがあるならばその商品の話題で盛り上がるようにします。
高 上進
かしこまりました。まずは見込み客としっかり友達になれるようにします!
中野
そうですね。関係性を構築できた際には、次のような文面を相手に送ってください。

関係性をこうちくできた顧客に対してはeBayをカタログ代わりにして直接取引を提案します。

顧客に投げかけるメール例文。

訳 これからは、あなたがこのFacebookで私のeBay商品をリクエストできるのであれば、私たちはあなたに特別価格であなたの商品を提供します。

ebayで送られるアイテムに加えて希望があるならば、私はアイテムを捜します。 ☆

私はあなたと協力できれば本当に嬉しいです。

これが私のeBayページです。(eBayURL)

高 上進
ありがとうございます!非常に参考になります!

確かに、関係性ができていれば購入にも繋がりやすそうですね!

早速試してみます!

3-3.アフターフォローが顧客をリピーターとし、リピーターが稼ぎを大きく増加させる。

中野
商品を販売し、発送まで完了した際もアフターフォローは怠ってはいけませんよ。
高 上進
アフターフォローですか!?
中野
そうです。

この場合のアフターフォローとは、発送済みラベルを撮影しメッセージ内での添付や海外用の日本郵便の追跡番号をアップするといった内容になります。

高 上進
かしこまりました。そういったフォローを徹底することでその見込み客はリピーターになってくれるんですね。
中野
その通りです!Facebookはその部分をしっかり行うと、到着後のお客さんの投稿でタグ付けされ、その評価が新しい見込み客をあなたに連れて来る形になり、あなたの稼ぎは何倍にもなります。

一方でアフターフォローを怠ると、悪い内容で自分自身が投稿されてしまいそれは記録に残るので、あなたに新しい見込み客は寄ってきません。

高 上進
なるほどですね。確かにその通りですね。前者になれるよう、アフターフォローも含めしっかりやっていきます!

本記事のまとめ

高 上進

上進メモ

・お客さんに覚えてもらうように、FacebookアカウントはeBayアカウントに似せる必要がある。

・Facebook投稿は販売目的ではなく趣味の共有を目的とする。

・アフターフォローは徹底する!それが後に自分の稼ぎとなって戻ってくる!